私にとっての断捨離とは?

最近、あらゆる雑誌やメディアで紹介されている「断捨離」について感じていることを書きたいと思います。

少し前までの私は、とにかく物を減らすことが断捨離なんだ!と思っていました。

なので使っていないものは処分するを徹底していました。

でも数ヶ月後、やっぱりあれ捨てなければ良かった…なんてことがしばしば、全く断捨離の意味がありませんでした。

結局買い直し、費用もかさみ意味がありませんでした。

そんな経験をしてから私は「断捨離」とは何か?を真剣に考えるようになりました。

結果、私が思う断捨離とは自分にとって何を重要視するのか?何が不要なものなのか?

この基準が明確になっていないと始まらないということでした。

そんなの断捨離の本に書いてあるじゃん!と言われるかもしれませんが、実はこのポイントを自分で気づくかどうかって本当に重要なのです。

私がこの軸が分かっていなかったので、何を捨てたら良いのか?何を残したら私は満足するのか?よく分かりませんでした。

でも、ようやく私の軸がはっきりした今は、捨てるべきものと買うべきものの基準がはっきりし、無駄遣いがなくなりました。

お小遣いも10,000円から5,000円になっても積み立てをしていますし、逆にお金が少なくなった分、真剣にものを選ぶようになったので逆に良かったと思っています。

こんな風に断捨離を上手にしながら、私にとって重要なもの・幸せになれるものとは何かをいつも考えながら生活していきたいと思います。