コンテンツへスキップ

私はまだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが目たつようになってきたんです。

私の場合は原因がはっきりしていて、日光に含まれる紫外線が私の肌を容赦なく焼いたのです。

子どもが生まれ、少し大聴くなって、雨降りの日以外は毎日仲良く公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでごきげんな時間を過ごします。

おでかけの準備は戦争で、子供の持ち物を揃えるだけで一しごと、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

そのため、後で必ずつけが回ってきます。

なので、最近は若くても日焼け対策は、c-マックスローションでしっかりするように心がけます。

持と持と肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいということは、意外に知られていないかも知れません。

シワができやすい自覚のある人は肌を見て、チェックしてみましょう。

肌を見て血管が薄く透けて見えている人は、それだけ薄い方だと思っておいていいかも知れません。

なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというと、その薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリツヤが失われます。

そして年々、肌は薄くなっていく沿うなので、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そんな刺激によってすら肌は薄くなっていきます。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。

表皮は薄い層が重なった作りになっていて、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになるのです。

表皮はいわば皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

ちなみに、美しいキメの整った肌は女性は誰でも憧れますよね。

キレイな肌を持ち続けるためには、1にも2にも保湿がとても大事です。

しっかり潤いを持ち続けている肌は、トラブルに負けないし、強くてハリもあるのです。

そして、保湿の為に意外と必要と言われているのが、c-マックスローションで紫外線から肌を守ることです。

でも、紫外線を直接浴びる生活をしていると、せっかくのc-マックスローションも効果なしになってしまいます。

やはり、UVは乾燥につながりますので、適切なケアをすることが重要ですよ。